読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活に取り入れたい情報。

生活に役立つ情報あれこれ。【健康やその他色々。】

年収が2000万円を超えると所得税はどうなる?

年収が2000万円を超えると所得税はどうなる?

給与所得者でも、年収が2,000万円を超すと職場での年末調整を受ける事が出来ません。

 

必ず最寄りの税務署での確定申告が義務付けられます。

 

突然申告年収が2,000万円を超える!

という方に取っては大変な事ですが、安定した継続収入としての年収2,000万円以上を考える方の場合の所得税を考えてみたいと思います。

 

国税庁累進課税税率での所得税は、平成26年分データでは所得が1,800万円を超え4.000万円以下の場合だと、税率は40%となります。

 

また基礎控除額は2,796,000円となり、税額が調整されます。

 

具体的にはどのようなものかと言うと、例えば「課税される所得金額」が2,000万円の場合は、求める税額は次のようになります。

 

【2,000万円の場合の所得税額は?】2,000万円×0.4-2,796,000円=5,204,000円です。

 

年収が400万の生活では、所得税額も70万前後だと思います。

 

ところが、年収が2,000万円にもなると、同じ公共サービスを受ける身でも税額は7倍位の税額です。

 

国の所得税の税収の多くを、年収が2,000万円以上の層が負担していることになります。

 

こうした制度や国策の善悪は別として、私達は自分の置かれた環境で最善を尽くしたいと思います。

 

手取りになると、どれくらい?

このような中でいったい手取り額はいくらになってしまうのでしょうか?

 

手取り額を計算するとなると、基礎控除38万円のほか、社会保険控除や生命保険料控除、損害保険料控除、医療費控除など、結婚している場合には配偶者控除や扶養控除などを引いた額が課税対象額となりますが、こうした控除額は家族構成などが皆異なるために一概には言えません。

 

【2,000万円の場合の手取り額は?】2,000万円の場合で、規定の控除額を想定すれば、所得税の税引き後の手取り額は14,796,000円です。

 

社会保険料や住民税の基礎控除も考えても、手取り額は1,300万円前後で落ち着きそうです。

 

今のあなたがこの生活レベルに達したらどうするでしょうか。今の悩みも不満も解決するでしょうか。

 

生活レベルと実態が知りたい!

年収が2,000万円台を稼ぐ人の暮らしぶりや生活レベルなどの実態についてみていきましょう。

 

年収が2,000万円台になってくると、今までお伝えした通り税負担や保険料などの負担も大きくなりますが、平均的な家庭と比較すれば贅沢で余裕を持った暮らしが実現するはずです。

 

そうした暮らしを実現させた方々は仕事が多忙な方が多く、長時間の仕事の毎日で、お金を使うところでは使うという方が多いのではないでしょうか。

 

また確定申告が義務付けられた生活の為に金銭感覚が長けている方が多く、生活費も節度を持ち、自己投資や交際費を有意義に使う方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、そういう方ばかりではありません。例えば、女性の場合の年収が2,000円以上の割合となると、非常に少なくなりますし、また限られて来ます。

 

また、夫婦二人で頑張って、合わせて2,000万円の収入を維持している家庭などでは、またその事情も変わって来ます。

 

これは一つの例ですが、年収が2,000万円もあるからと言って、それだけの付き合いや贅沢をしたがれば、それだけ生活は厳しくなります。

 

ポイントは、まず「好きなことを見つけ、どのようにすれば2,000万円稼げるようになるかを考える!」。

 

そして、「金銭感覚を上手に磨き、生活費にも節度を持ち、自己投資や交際費を有意義に使う!」ことで、この様に考えて行動し、実現させて行けば楽しい人生になると思います。