生活に取り入れたい情報。

生活に役立つ情報あれこれ。【健康やその他色々。】

年収2000万の収入実態とは!?

年収2000万の収入実態とは?

年収が2,000万円と言っても、その収入形態で様子がだいぶ変わります。給与所得か事業所得か。また、お財布が一つか複数か。そんな事を踏まえてお話します。

 

まず、年収が2,000万円以上の給与所得者は、国税庁の平成26年分「民間給与実態統計調査」では給与所得者の上位0.4%なのですが、一方「申告所得税標本調査結果」によると、同じ国税庁のデータでも結果は変わってきます。

 

その数なんと平成26年分データでは申告納税者の上位4.4%なのです。

 

給与所得者での割合が0.4%なのに、申告所得での割合はその10倍です!

 

時系列で見てみても、ほとんどその割合も変わりません。

 

収入実態として言える事は、給与所得での2,000万円以上の経済生活なのか、それ以外の所得も入れた2,000万円以上の経済生活なのかで、その生活実態は大きく変わる!という事です。

 

逆に言えば、一つの財布での経済生活より、複数の財布での経済生活なら年収が2,000万円は見えてくる!という事が言えると思います。

 

年収2000万を夢見る人に必見の情報です!

年収が2,000万円の生活ってどんな生活か憧れる方もいらっしゃるでしょうし、年収が2,000万円が切実に必要な方もいらっしゃると思います。

 

先程もお話しましたが、国税庁の「平成 26 年分民間給与実態統計調査」では年収が1,000万円以上で2,000万円以下の所得者は全体の3.7%ですが、年収が2,000万円を超える人は0.4%で、ごく少数の限られた人の世界です。

 

年収が1,000万円でさえ難しい世界ですが、年収が2,000万円以上を実現するとなるとかなり難しい数字に思えるかもしれませんが、年収が2,000万円というのは給与所得では難しいという事で、全く他に可能性がないか?

 

というとそうでもないという事を薄々感じていらっしゃる方も居ることでしょう。

 

年収が2,000万円の生活がいったいどんなものなのかを一緒に見てみましょう!

 

そして、そこから年収2,000万円へ向かう新しい道を一緒に考えてみたいと思います。

 

年収が2,000万円をただ夢見るだけではなく、実際に年収が2,000万円になる事を現実的に考える方にも必要な情報です。

  • 先頭に移動
  • 上に移動
  • 下に移動