生活に取り入れたい情報。

生活に役立つ情報あれこれ。【健康やその他色々。】

クラウドソーシングで在宅収入をどう得ていくか!?

2013年11月に、NHKあさイチ』で「おこづかいゲット! 女のクラウドソーシング」というテーマで、クラウドソーシングが紹介されました。
 
今、クラウドソーシングサービスでの副業を仕事として成り立たせていくことは出来るのでしょうか?
 

クラウドソーシングを利用して在宅で働く三つの現状とは!?

 
ではなぜ今、クラウドソーシングを副業にして在宅で働く人が増えたのか、その現状から探ってみました。

これは総務省の「平成26年版 情報通信白書のポイント」の 「第1部 特集 ICTがもたらす世界規模でのパラダイムシフト」という部分で詳しく説明されています。
 
(「平成26年版 情報通信白書のポイント」 「第1部 特集 ICTがもたらす世界規模でのパラダイムシフト」)
 
要約しますと、昨今の不況や親の介護や身体的な理由から、パートにも行けず、家から出られない方が増えています。
 
また、就業されている方も離職という選択に迫られたりと、昨今、介護離職が社会問題ともなって来ました。
 
そのような理由から、特に女性は子育てや介護等の理由により離職の選択を迫られたり、シングルマザーは収支状況の悪化に苦しんでいる方が多いという統計結果が出ています。

そんな生活を改善する手段の一つとして、副業としてクラウドソーシングを利用し、在宅で仕事が出来れば、生活に希望の光を見る事が出来る方が多いのではないでしょうか。
 
不況による生活の収支状況の悪化、親の介護による生活の収支状況の悪化、様々なストレスなどによる心身的な原因による生活の収支状況の悪化など、この三つ が、副業にクラウドソーシングを利用して、在宅で働く現状と言えます。
 
また、これは女性に限った事では有りません。
 
介護離職に至っては女性が60%で男性 が40%という比率だとか。
 
終わりの無い介護に、仕事を辞めてどうするのか?
 
その後の生活はどうするのか?
 
本当に他人事では無いと思います。

そこで在宅での副業や仕事が可能になるクラウドソーシングのメリットやデメリットから探ってみたいと思います。